環境資源工学研究室(船造研)

環境資源工学研究室(船造研)です。本研究室では、拡散係数の測定関連、糖の分解、ポリマー分解・脱ハロゲンを主として研究をおこなっています。


二酸化炭素や水には臨界点以上の高温高圧状態(超臨界状態)が存在します。この超臨界状態では、気体でも液体でない状態になります。そのため、超臨界流体には気体や液体とは異なるユニークな特性がみられます。その特性を利用して、環境や資源の分野にアプローチする研究を紹介します。

質問用メールアドレス

a17.thnc@g.chuo-u.ac.jp

© 2020 中央大学理工白門祭実行委員会 All Rights Reserved

​連絡先:hakujitui@hotmail.com