情報価値工学研究室(庄司研)

従来の情報理論では、「送り手が伝えたいと思う内容をいかに(ノイズなく)正確に伝えられるか」という観点から情報の価値を考えてきました。しかし実際には、受け手によって情報の価値が異なることが少なくありません。そこで情報価値工学研究室では、その時々の文脈や状況に応じて、受けて(利用者)にとって価値の高い情報を提供するための方法論やシステム実現に向けて研究を行っています。特に、受け手にとっての価値を創製するための効果的な情報提示方法、インタラクションデザインについて研究しています。

© 2020 中央大学理工白門祭実行委員会 All Rights Reserved

​連絡先:hakujitui@hotmail.com